女性に心強い体臭石鹸とは?

女性の体臭石鹸として人気のジャムウ石鹸って知っています?

下記の動画でも紹介されている女性の気になる部分のニオイを抑えてくれる優秀な石鹸です。

ジャムウ石鹸の特徴は低刺激かつ天然植物の消臭・殺菌効果を使ってデリケートゾーンをはじめとした体臭対策に役立てることができます。

使用方法だっていつものボディソープや石鹸と同じで泡立ててから気になる部分を洗浄するだけ。

即効性はないかもしれないけど、使い続けていく内にニオイを除去して快適な生活を送ることができますよ。

あとジャムウ石鹸ってお店で買うのは恥ずかしいからやっぱり通販で取り寄せした方がいいと思います。店で買うと本当に恥ずかしくて赤面ものですよ…www

このジャムウ石鹸は女性の体臭を抑える石鹸ランキングでも紹介されており人気のようです。

暖かくなってくるとニオイがキツくなって周りの目も気になりだします。遅くなる前に5月頃から使い始めておくと夏にはちょうど良いですよ♪

ニキビケア商品の選び方!

a-nikibi

ニキビケア商品は、ドラッグストアでもインターネットでもかなりの数の商品を見つけることができますが、それだけにどれを選んでいいかが迷ってしまうでしょう。

ですが、迷っている間にもどんどん進行してしまうので、一日でも早くにきびケアを始めなくてはいけません。

ニキビケア商品の選び方の基本は、乾燥肌やオイリー肌、普通肌、混合肌など肌のタイプに合わせた商品を選ぶということです。

どんなに効果があると言われる商品でも、肌のタイプにあっていない限りは効果がないので、肌タイプに合ったニキビケア商品を探します。

そして、気になる商品が見つかったら、とにかくサンプルやトライアルセットで試してみましょう。

肌に合うか合わないかは、やはり自分の肌で試してみないとわからないものなので、逆にトライアルセットなどが無いものは除外すると商品を絞り込めます。

naota

また、最近は化粧品サイトの口コミや人気度を参考にして選ぶという方も増えているようですが、これはあくまでも参考にするだけにしておきましょう。

というのも、いくら人気があっても口コミで高評価でも、それを使っている人のニキビと自分のニキビや肌質は違うタイプかもしれません。

確かにニキビが治った、すぐに症状が改善されたというような口コミを見ると惹かれてしまいますが、まずは肌質やニキビの状態が同じかどうかを確認しましょう。

そのような記載がない場合には、効果が高そうでも自分に合うとは限らないので、安易に使用するのは危険です。

ですので、本品をいきなり購入するのではなく、重複してしまいますがトライアルセットなどで問題がないかチェックしてから決めましょう。

もしくは信頼ある@コスメなどの口コミや評価も参考にしてみると外れが少ないと感じています。

私は@コスメで評価の高かったニキビに良い化粧水を使用してからはニキビもニキビ跡も治ってきましたよ(・ω<)

7月のメイクを崩さないテクニック!

4月になりましたが、少し早いメイクテクニックを公開していこうと思っています。それは崩れないメイクです。

どうしても汗などをかきやすい季節になるとメイクが崩れるといったトラブルが起こりますよね。最近の化粧品は品質もかなり高くなってきましたがどうしても汗やテカリといったトラブルを完全に解決するのは難しいです。

そこでおすすめしたいのが化粧下地をベースメイクに使おうよ!ってことです。

化粧下地って簡単に説明するとメイクの持ちを良くするアイテムです。効果は化粧崩れを防いだり、肌のテカリを予防して抑えてくれるもの。

女性にとってはすごく強い味方になります。

使い方も簡単で洗顔後に化粧水をつけてからメイクをすると思いますが、化粧水後に下地を塗るだけでOK!簡単でしょ!

これで4〜5時間くらいはメイクの持ちがよくなるので絶対に夏場のメイクには欠かすことのできないアイテムとなります。使ってみてくださいね。

肌によい食材!

食事は美肌になるために欠かすことのできない栄養源となります。ここでは肌に良い食材を簡単に紹介したいと思います。

まずは肌の材料となるタンパク質。蛋白質は肌を作る根本的な栄養素となります。このタンパク質があって初めて、ビタミンなどの栄養がしっかりと働いてくれます。しっかりと毎日適量を摂取するように心がけましょう。

●おすすめのタンパク質材料
赤みのある肉や魚を中心に摂取すると良いです。他にも卵や牛乳もタンパク質として大きく栄養をとることができます。また肉や魚を食べると脂質のとり過ぎと勘違いする人もいますが、違います。しっかりとした調理法でシンプルに食べれば、安心して脂質やカロリーが過多になることなく摂取できますよ!

●保湿・アンチエイジングに有効なビタミンC
続いて肌を整えるビタミンCです。抗酸化作用があり、紫外線に対する抵抗力をつけるのがビタミンCの役割でもあります。レモンなどの酸っぱい果物からしか取れないイメージがあるビタミンCですが、パプリカや緑黄色野菜はもちろん、淡色野菜からもしっかりと摂取ができます。果物は糖分も多いので摂取する際には少し気をつけたいところでもあります。

摂取量の目安は淡色野菜の場合は200グラムが理想とされています。ビタミンCは必要以上に体内に入ると、尿として排泄されあまり意味がありませので、あくまで適量がベストになります。

そして熱に弱い特性があるので、温野菜で摂取するよりも生野菜を食べる方がしっかりとビタミンCを摂取することが可能。体を冷やしたくない人だけ加熱して温野菜で摂取することが望ましいといえます。

スキンケアは化粧品がすべて!

高校生の時、ひどいニキビに悩まされました。
とにかく敏感肌の私は、ニキビ用化粧品もあわず、困り果て皮膚科を受診しました。
そこでニキビの原因って、人それぞれなのだと初めて知りました。

脂症でもニキビになるし、乾燥肌による皮脂トラブルでもニキビになるし、アレルギー体質でのニキビになるのです。

驚きました。

だからこそ、自分の肌質にあったスキンケアを使うことが大切なのです。
敏感肌の私ですから自分にあうものを見つけるまでが一苦労、そして学んだことは、「大手の化粧品メーカーだから、肌に優しい訳ではない」という事、むしろ香料とか色々と入っていて、どれを使ってもまけてしまいます。

それならばとニキビ用の化粧品を使用すると、脂分を取りすぎて私の肌質にはあわず悩んでおりました。

その頃友人から勧められたのが、最近売り出し始めた無添加の化粧品、試した所これにはまけないので驚きました。

とにかくまけない化粧品がそれまで見つからなかったので大感激、それ以降この無添加の化粧品を愛用しています。

スキンケアは勿論ですが、アイラインも無添加の化粧品を愛用、これによって目の周りが赤くなったり、痒くなったりしなくなり助かっています。

スキンケアは自分にあう洗顔や化粧水と出会うことが大事、諦めずに色々試してみるといいかもしれません。

抵抗があったオールインワンジェル

オールインワンジェルの画像

二年前から、スキンケア用品をオールインワンジェルに変えました。
購入しているものはロゼット株式会社のアクアセラミドゲル。

それまでは、化粧水、乳液、美容液かクリームをそれぞれ重ねて使用していました。
ですが育児真っ最中日々になり、自分にかける時間に余裕がなくなってしまいました。
化粧水も肌に染み込むまでパッティングしていたのですが、急いでいるから雑になり、肌が乾燥してしまうようになりました。

それまでオールインワンジェルのイメージは実はあまりよくなく、ひとつのものに化粧水、乳液、美容液が入っているので効果が薄まって期待できなかたり、刺激もあったりするのでは?と抵抗がありました。

ですが一度試してみると、ジェルなのでよく伸び、ささっと塗れてとても楽でした。
なにより、肌によく浸透し、モチモチ感がありました。
パックのような使用感で、保湿にはとても優れていると思います。
だけどべたつかず、仕上がりはサラッとしています。

特にこの商品はセラミド配合なので、お肌の水分を保持してくれたり
エアコンなどの外部の刺激から守ってくれます。
肌が弱いので、セラミド配合なところが選んだ理由です。

化粧水も夏用、冬用とタイプを分けて使用していましたが、これは一本で済みそうです。家族みんなで使用しています。

アロエベラの果肉で美肌!

アロエベラ

私の母は、アロエベラというキダチアロエよりも大きなアロエで保湿をしています。
以前はアロエベラ果汁を使った化粧品を使っていたようですが、化粧品を使い切ってからは家で育てているアロエベラの葉を切って化粧水代わりに使っています。

久しぶりに実家へ帰った時に母の肌がとてもキメ細かく透明感があるのでビックリしました。

まもなく70歳を迎える母ですが、50代後半と言われるくらい綺麗な肌をしています。

さっそく私もアロエベラの鉢植えを分けてもらい、家でスキンケアに使うことにしました。

1枚の葉の大きさは60センチ程あるので、根元から切り取り、毎晩使う時に2センチほど切って、中の果肉ジェル部分を顔に塗ります。

この果肉ジェルにはビタミンとミネラルがたくさん含まれている以外にムコ多糖類などが豊富で、火傷などの皮膚修復にも効果的なのだそうです。

たっぷりと伸ばすと顔中にジェルのとろみが付くのですが、次の日の朝、洗顔する時に肌がスベスベしているのが分かりました。

それからは毎晩アロエベラを顔に付けています。

だんだんとクスミがなくなってきて、周囲からもどんな化粧品を使っているのか聞かれるようになりました。

でも、アロエベラの葉を使っていることは内緒にしています。

細胞から肌を若がえさせる!

40代も後半になっていろいろと悩みが出てきたので、
ネットを検索しているうちに出逢ったのが、
本も出していらっしゃるアンチエイジングの鬼こと勝田小百合さんが、
こだわって作り出したというオーガニック化粧品、アムリターラでした。

それまで外側をきれいにするのが化粧品だと思っていたので、
細胞から若返るその発想が新鮮で、トライアルサイズから挑戦してみることに。

オーガニック化粧品は最初は乾燥を感じる人が多いそうですが、
私の場合はそうでもなく、全体的にほどよいしっとり感が気に入ったので、
化粧水、美容液、クリームを愛用しています。
特に化粧水と美容液がお気に入り。

化粧水は「母なる樹」、「森の看護婦」ともいわれる、
アミノ酸、ミネラル、ポリフェノール、キシリトールなど栄養分をたっぷり含んだ白樺エキスが、
栄養分そのままに非加熱で入っています。
そのエキスは一年に一度、早春にしか摂れない貴重品。
それが主成分として入っているのです。
肌細胞の正常化や活性酸素を減少させることで老化防止などの効果も期待できるというから、
アンチエイジングにぴったりです。

美容液にも、DNAの損傷の修復を助けるキャッツクローという植物から摂れるAC-11という成分が入っていて、
シワ、シミ、たるみの改善が期待できます。
使い始めてまだ3ヶ月程なので、効果ははっきりとわかりませんが、
目元のちりめんじわが少し解消してきたような気がします。

オーガニック化粧品は即効性はないので、
安全な物を使っているという安心感と共に、少し気長に付き合っていこうと思っています。

自己流ヨーグルトパックで色白!

ヨーグルトの画像

いままで色々なスキンケアをしてきましたが、どれも長続きせずにいました。

でも年を重ねるごとにだんだんとお肌のトラブルが多くなり、これはしっかりやらねばという気持ちになってきました。

そこで私が始めたのはヨーグルトのパックです。テレビでやっていたことにヒントを得て自分流に簡単にアレンジしました。

化粧水はもともとクリニークのものをつかっていて、調子が良かったのでこのまま使い、パックの部分だけを追加してスキンケアすることにしました。

色々なパックのやり方があると思いますが、私はまず洗顔のあとにヨーグルトとベビーオイルを1滴混ぜ合わせたものを顔全体になじませて5分ほどおきます。

その後やさしくお湯で顔を洗い、しっかりと成分をおとします。

その後でいつも使っているクリニークの化粧水を水でしめらせたコットンに数滴たらして顔全体になじませてゆきます。

最後に首全体になじませて完成。もしまだ水分が残っているようであれば腕や足にもつかうことがあります。

こうしているとだんだ顔の肌が柔らかくなてきて、不思議と肌も白くなってきたように思うのです。ヨーグルトの色が白いからそういう潜入感があるのかもしれませんが、なんだか顔だけ白くなってきたように思うのです。

これからは首にもやっていこうと思っています。

【重要】クレンジングはこするべからず!!!

美肌への近道と言えば、スキンケアですよね。
スキンケアの中で重要な役割をしているのが、クレンジングです。

最近の化粧品はウォータープルーフタイプの、化粧崩れの心配が少ない、ありがたいものが多いです。
でもちょっと待ってください。
化粧崩れが少ないと言うことは、落としづらいと言うことでもあるんです。

誰しも一度は経験があると思うのですが、メイクをしたまま寝てませんか?
疲れて帰った日は特に、ちょっと横になってそのまま朝を迎えてしまった。

私にも何度も経験があります。
でもそんな次の日って肌トラブルに悩まされる事が多いんですよね。

化粧が落ちきってなかったり、化粧をしたまま寝てしまえばお肌は呼吸が出来ません。
肌トラブルが起きるのも当然なんです。

ですので、クレンジングはしっかりとして下さい。
クレンジングにも色々なタイプがありますが、私がお勧めするのはファンケルのマイルドクレンジングオイルです。

乾燥肌や敏感肌の方はオイルを敬遠しがちだと思います。
私も乾燥肌なのでそうでした。
始めはお試しタイプの物で使ってみたのですが、クレンジング後、全然つっぱらないんです。

伸びも良くウォータープルーフのマスカラなんかもスルンと落ちます。
つまりゴシゴシこする必要がないんです。
安く試せるお試しタイプもあるので、だまされたと思って一度使ってみてください。